FC2ブログ

AV極

今や世界随一となった日本AVを極める!

Top > 東京ティンティン+ > 【五つ星,レビュー】映画館で、彼氏の隣で、というエロ少女漫画的シチュエーションが、痴漢の恐怖とは裏腹に青い性欲を際限なく高める―。 瀧川花音

【五つ星,レビュー】映画館で、彼氏の隣で、というエロ少女漫画的シチュエーションが、痴漢の恐怖とは裏腹に青い性欲を際限なく高める―。 瀧川花音

瀧川花音
↑ ↑ ↑
画像をクリック
発売日:2013年1月10日
サンプル動画なし
出演者:瀧川花音
監督:のりとん
収録時間:248分
メーカー:東京ティンティン+

動画ですぐに見る(HD版あり)

DVDで見る





寝取られ属性:あり
完堕ち度>:★★★★★星5コ
美人女優度:★★★★☆星4コ
スタイル度:★★★★★星5コ
女優演技力:★★★★★星5コ
コレクション価値:★★★★★星5コ
汗の量>>:★★★☆☆星3コ
ヌケル度>:★★★★★星5コ
オススメ度:★★★★★星5コ

□管理人レビュー□
シーン1
学校の屋上で「もし良ければ俺と付き合ってほしい」と告白されるシーンからスタート。「わたしも同じだから」ここで花音のナレーターが入りますがこれがとても効果的。不自然さがなくシーンごとに雰囲気を盛り上げてくれます。こうして付き合うことになりそれを友人のあすみに話す。既に推薦により入試の心配がない花音に対し危ない彼氏。それを心配する花音をよそ目に「男は1回エッチしたら猿みたいにさかってくるから」と言われ「えぇっ!猿?」処女の花音は彼氏の受験を考慮して少し不安に。花音の部屋で彼氏と二人で勉強しているとそれとなく迫られキスをする二人。「受験が終わるまではキスまでね」彼氏への思いやりがとても微笑ましいです。さらに後日屋上で花音の手作り弁当を食べる彼氏。ここでもキスを交わす二人。さすがに我慢できなくなっ彼氏は花音のスカートの中へ手を入れパンツの上から触ってしまう。その夜彼氏を思いながらのオナニー。「だめだ、最近一人になるとエッチなことばかり考えて」年頃の女子校生の細かな感情表現が素晴らしい。それ故にとても感情移入できストーリーそのものに入り込んでしまいます。

シーン2
教室で彼氏に成績を見せられる花音。それは全て最低のE判定。「エッチを我慢してもサトシの成績は下がり続けてしまって」花音の悲痛な心の声。その夜部屋でキスを交わす二人。前回と同じようにそれ以上を望もうとすると拒否されてしまう。なぜだと詰め寄られると「まだしたことないし、初めてはキミとって決めてるから」と打ち明ける。この言葉に納得した彼氏は受験を頑張ることを誓い二人で会うのは学校でだけと提案する。すると「しばらく会えなくなるから今日は」と言い彼氏のズボンを下ろす花音。初めて間近で見るちんぽに少し動揺するも「キミの為に結構勉強してるんだよ」と口に含む。その言葉通り必死に口で奉仕する姿には若い愛を感じます。最後はなんと口内発射でフィニッシュ。さすがに処女の花音も驚いた表情。

シーン3
ようやく受験も終わりその日の夕方教室で自己採点しかなりの手応えを感じ喜び合う二人。お疲れ会と称して映画を見に行くことに。晴れやかな気持ちで映画館に入る二人。しかしいざ上映が始まると彼氏は寝てしまう。「まずい、トイレに行きたくなっちゃった」尿意をもよおす花音。しかしこの時後ろから花音をジッと見つめる作業着姿の男が。わざとらしく花音の席の隣へと移動する男。最初は気にもしていなかったがいきなり太ももへと男の手が触れると「え、なに!?」と驚きを隠せない花音。次第にエスカレートする手の動き。隣で寝る彼氏に助けを求めたいがあまりの恐怖に声が出せない。さらにパンツの中に手を入れられると「はぁっ」と不覚にも小さな声を出してしまう。男の指の動きに合わせピチャピチといやらしい音が響き「なんだ、おまえ濡れてんじゃん」と言われると必死に漏れる吐息を口で抑える花音。(やめて‥どうして‥わたし‥ダメ)自分の身体の変化にとまどう花音。しまいには身体をビクンッと跳ね上げイッてしまいます。彼氏の受験の為に我慢した肉体は花音も知らないうちに男が欲しくてたまらなかったのか‥。続けて「彼氏にバラされたくなかったらついて来い」と言われトイレへ連れ込まれる花音。そこでパンツを下ろされるとベッタリと愛液が。手をタオルで縛られパンツを口にねじ込まれるともう好き放題やられます。耳元で卑猥な言葉を囁かれながら秘部を執拗なまでに愛撫されると身体はビクビク反応。哀しい表情、厚めの唇から垂れる涎、頬に張り付く髪の毛。先ほどの尿意を我慢出来なくなるとここでしろと言われ悔しい強制放尿。顔の前にちんぽを出されると半ば放心状態で口に含んでしまう花音。この時の虚ろな目でちんぽを見ながらのフェラが非常にそそります。これも彼女の演技力なのでしょうか?次第にイラマ気味へとシフトチェンジするも彼女の表情はますますエロ美しく。ちんぽと口の間に伸びるえずき汁が超エロい。その後は立ちバックから挿入されますが処女の為なかなか入らずはじめてとバレてしまう。さらに背面騎乗位では悲しくも自ら腰が動きビクンッと反応しながらも悔しい表情を見せる花音。もうここまできたら彼女の演技力には脱帽ですね。一切のわざとらしさが感じられません。便器に身体を乗せての正常位、再び立ちバックへと変化し最後は中出しでフィニッシュ。「わたし、全然痛くなかった」放心状態の花音。しばらくして手洗い所で血を拭き取ったハンカチを洗いながら「ふざけんなよ」と泣きながら叫ぶ花音が今どきの女子校生の心理描写を見事に克つリアリティーに表現。ここまでで約70分。まだあと110分ほど残っています。続きは是非自分の目で確かめて下さい。きっと何かしらの感動を覚えると思います。


□総合評価□
以前から注目していた新レーベル「東京ティンティン+」。キャッチコピーはAVを全てドラマ化すると宣言するほど監督が本気でAVドラマに取り組んでいます。結果的にAVの中に非常にハイレベルなドラマの取り込みに成功。まだ実際に目で見た作品は本作のみですがその本気ぶりが随所に見られます。細かなストーリー、キャストの演技力、カメラワーク、映像美、そして情熱的なセックス。その全てにおいて、今までのAVにはほとんど見られなかった新しい息吹を感じます。 今までAVドラマといえば「ながえスタイル」「FAプロ」次いで「アタッカーズ」や「マドンナ」等の各シリーズといった面々でしたがこの東京ティンティン+はこれからの展開次第ではこれらに肩を並べさらには頂点を極めることも現実味を帯びてきます。
では本作を見終わってからの率直な感想。それは「とにかく切ない!」AVでこんな感覚を味わうのは初めてです。主演の可奈役には瀧川花音、彼氏役には内村裕司、友人の真弓役には美咲あすみを迎えのりとん(本田教仁)監督によって非常にハイレベルな作品に仕上がっております。
生徒会長を務めるほどしっかりものの花音、そして少したよりない彼氏という構図も二人の雰囲気にしっくりきています。
素晴らしい点はいくつもありますが中でも特筆すべきはラストのカラミのシーン。あえて具体的な内容はここでは書きませんが花音の演技力があってこその本作だと思い知らされます。顔の前にちんぽを出されると自らくわえる。しかも悲しい表情にも時折見せるウットリ顔。男優の腰の動きに合わせた身体の反応。完全に乱れてます。しかもバカっぽい乱れ方ではなく美しい乱れ方。身体全体を使ってここまで【寝取られた肉体】を見事に表現出来る女優も珍しいでしょう。しかもまだ新人ですよね?これからが末恐ろしい。ただ1つ気になったことが。なぜ彼氏のことを「キミ」と呼ぶのか。心の声ではしっかり名前を読んでいるのですが‥。監督に何らかの意図があるのでしょうが今のところは答えが見つかりません。しかしそれ以外は何の不満もありません。あまりこの言葉は使いたくないのですがこの作品では敢えて使わせてもらいます。この作品は間違いなくAV史に名を残す【傑作】になるであろうと。

動画ですぐに見る(HD版あり)

DVDで見る



関連記事

タグ: 瀧川花音 東京ティンティン+ 五つ星作品 寝取られ スレンダー 制服 東京ティンティン+レビュー

コメントの投稿

Secret

フリーエリア
カテゴリーツリー
月別アーカイブ
   
リンク
AV極
ライブチャット
人気ランキング
ランキング参加中
女優コレクション
RSSリンクの表示
RSS登録er
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
TOEICボキャドリル(わんこ版)

検索フォーム
作品レビュー
QRコード
QR
ラブグッズ
バンジーシェイク 大人のお もちゃ通販
メールフォーム
□当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。

□相互リンク、相互RSSにつきましては随時募集しております。希望のユーザー様は下記のメールフォームよりご連絡下さい。尚無修正や児童ポルノ画像が掲載、その他違法性のあるサイト様につきましてはリンクを見送られせて頂く場合がありますことをあらかじめ御了承下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

画像コレクション
AV女優ブログ
藍花AIKA愛代さやか愛須心亜愛田奈々逢田みなみ愛音ゆう愛原ゆあ相葉レイカ青井いちご葵つかさ青木りん青山葵青山菜々青山未来青山ゆい赤西涼秋野千尋浅井千尋朝桐光朝倉ことみ浅倉ミア麻倉憂浅乃ハルミ朝日奈あかり麻美ゆま明日花キララ明日花キララ(新)あすかみみ飛鳥れい梓ユイ麻生希天海つばさ雨宮真貴彩佳リリス(藤崎クロエ)綾見ひかるあやみ旬果新井エリー荒木ありさ有沢りさ有村千佳杏あづさ杏樹紗奈庵叶和子(あんとわこ)杏美月飯島くらら伊織涼子一色ほなみ伊沢千夏板垣あずさ市来美保一条崎美香一ノ瀬アメリ伊東遥伊東紅上原亜衣上原さゆり上原瑞穂宇佐美まい海老原ひとみ艶堂しほり大塚咲大槻ひびき大橋未久丘咲エミリ小川あさ美緒川凛沖田杏梨奥田咲小倉奈々 彩乃彩乙葉ななせ音羽レオン尾上若葉織田ゆめ折原ゆかり甲斐ミハル河西あみ笠木忍かすみ果穂かすみりさ加瀬あゆむ片桐めい加藤なお加藤リナ佳苗るか加納綾子神河美音神崎かおり神崎詩織川上奈々美川上ゆう川村あんな木内美保希咲あや希崎ジェシカ希志あいの希島あいり北川杏樹北川エリカ北川瞳喜多沢くるす木下あずみきみの歩美桐島永久子樹林れもん工藤美紗草凪純倉木みお倉持結愛栗林里莉香西咲香坂ゆかり倖田季梨古川いおり小島みなみ事原みゆ琥珀うた小早川怜子小林みゆき小向杏奈小森愛今野梨乃早乙女らぶ咲本はるか櫻井ゆうこ桜木凛桜ここみ桜咲ひな桜庭彩紗倉まな桜りお桜れおな彩月あかりさとう遥希紗藤まゆ沙藤ユリ里美ゆりあ紗奈佐山愛SARAH澤村レイコ椎名ゆな雫パイン篠田ゆう篠宮るり渋谷梨果志保霜月るな純名もも翔田千里白石茉莉奈白木優子神ユキ周防ゆきこ杉菜つくし杉原えり鈴木あきら鈴木杏里鈴木心春鈴木ミント鈴村あいり春原未来澄川ロア瀬名あゆむ芹沢恋高梨あゆみ鷹宮りょう滝川かのん滝沢優奈立花さや橘芹那立花はるみ橘ひなた橘ミオン橘れもん辰巳ゆい千乃あずみ月嶋美唯月島悠里月城まおら月見栞辻本杏辻本りょう土屋リン椿かなり椿まひるつぼみティア寺崎泉寺島志保当真ゆき友田彩也香永井智美長澤あずさ長澤えりな長瀬あおい中野愛里灘坂舞灘ジュン夏川亜咲菜月アンナ夏咲まりみ夏野かをり夏海いく夏目彩春七咲楓花並木優成海うるみ成瀬心美西川ゆい西野翔二宮沙樹根元純乃亜希美まゆ乃々果花蓮実クレア長谷川しずく長谷川夏樹波多野結衣初音みのり初美沙希初芽里奈華咲レイ羽月希羽田あい葉山リカ原千草遥めぐみ春菜はな範田紗々日高ゆりあHitomi瞳りょう瞳れん日向葵姫乃未来姫宮ラム風子藤井シェリー藤本カレン冬月かえで保坂友利子星アンジェ星崎アンリ星野あかりほしのあすか星野ナミ星美りか堀口奈津美本城小百合本田莉子Maika眞木あずさ真木今日子槇原愛菜真白希実真崎寧々松すみれまりか美緒みくる美花ぬりぇ美里有紗水城奈緒水嶋あい水谷心音美泉咲水元ゆうな観月さなみづなれいみなせ優夏湊莉久南梨央奈宮崎夏帆宮下まい美雪ありす村上涼子めぐり桃瀬えみる桃谷エリカ森ななこ矢崎茜YANAMO山川青空山崎亜美優木あおい優希まこと裕木まゆ結城リナ柚本舞由愛可奈夢乃あいか夢野まりあ横山みれい横山美雪吉沢明歩RioRICArico瑠川リナ若葉ひな